懐かしのマイナー馬たち

懐かしのマイナー馬たち

あまり取り上げられることのない思い出の馬をきままに語ります。

スポンサーリンク

松永幹夫騎手引退日の奇跡~ブルーショットガン

 

プロフィール

ブルーショットガン

1999年5月2日 牡馬

父  サクラバクシンオー

母  オギブルービーナス

母父 スーパークリーク

厩舎 武宏平(栗)

68戦7勝

主な勝鞍 阪急杯(G3)

 

競走生活

JRA

2歳:5戦1勝 新馬

3歳:13戦3勝 清水S(1600万下)、キーンランドC(1000万下)、500万下

4歳:6戦1勝 桂川S(1600万下)

5歳:10戦0勝

6歳:10戦1勝 六甲アイランドS(1600万下)

7歳:10戦1勝 阪急杯(G3)

8歳:8戦0勝

9歳:5戦0勝

10歳:1戦0勝

 

2歳夏の函館でデビューすると折り返しの新馬戦を後にダービー3着となるマチカネアカツキを抑えて初勝利を挙げます。

その後、萌黄賞2着などがありましたが、勝ちきれず、3歳夏に再び函館に参戦すると3戦目の500万下を0秒9差で圧勝し、続く札幌のキーンランドC(1000万下)も圧倒的1番人気に応え連勝します。さらにオープンの札幌日刊スポーツ杯でも2着に入ります。

秋を迎え3戦目の清水S(1600万下)を勝利し、オープン入りします。

4歳は得意の夏の北海道から復帰すると3戦好走するも勝ちきることはできず、休みの間に降級していたため、秋に桂川S(1600万下)に出走し、勝ちを収めます。勝利しても1600万下であったため、格上挑戦した2回の函館SS(G3)や札幌日刊スポーツ杯(OP)を含め好走を続けますが、勝ちきるまでには至らず、6歳の暮れを迎えます。

この6歳最後の出走となった六甲アイランドS(1600万下)を勝利し、再度オープン入りとなります。

7歳となり2戦した後にこの日引退となる松永幹夫騎手を鞍上に迎え、阪急杯(G3)に挑みます。前走が13着で、かつ苦手の不良馬場ということもあり、11番人気の低評価でした。しかし、中団からレースを進めると直線では馬場の真ん中から1番人気のオレハマッテルゼを差し切り、重賞初制覇を飾るとともに松永幹夫騎手の引退に花を添えます。

その後は、着順ほどは負けていないものの函館SS(G3)での3着を最高に、10歳まで障害レースも含めて走りましたが、再び勝つことはできず引退し、阪神競馬場誘導馬となりました。

 

 

血統構成

サクラバクシンオースプリンターズSを連覇し、1400メートル以下で12戦11勝という名スプリンターでした。種牡馬入り後も自身のスピードをよく伝え、高松宮記念ショウナンカンプビッグアーサーNHKマイルCと朝日杯を勝ったグランプリボス中山大障害中山グランドジャンプブランディスを輩出しています。また、母の父としてもG1を7勝したキタサンブラックなどを輩出しています。

母オギブルービーナスはJRAで2勝を挙げた後、繁殖入りし初仔として本馬を産みます。他にも地方競馬を中心に活躍する馬を輩出しています。

母の父スーパークリーク菊花賞武豊騎手にG1初勝利をもたらした他、天皇賞秋・春連覇を達成しています。種牡馬入り後はスイートピーS2着のハダシノメガミや北海道競馬のステイヤーズC2着のハギノハンターなどを輩出しています。

 

私の注目ポイント

なぜ私がブルーショットガンを取り上げたかをご紹介します。

1.松永幹夫騎手引退日に重賞初勝利

毎年2月の騎手引退の時期になると必ず思い出すのが本馬の阪急杯です。鞍上に迎えたのは、この日で引退となる松永幹夫騎手でした。引退日の重賞騎乗となれば、ご祝儀で通常よりも人気になるものですが、本馬は3走前に1600万下を勝ちあがったものの重賞実績もなかったことから15頭中11番人気と低評価でした。また、馬場も苦手な不良馬場ということもあり、私もあまり期待せずに見ていました。

レースはローエングリンが不良馬場にしては速いペースで逃げ、直後に高松宮記念を制する1番人気のオレハマッテルゼが先頭に立とうとするところを馬場の真ん中から本馬が飛んできました。

レース後もしばらく何が起きたのかよくわからないくらいでしたが、騎乗していた松永幹夫騎手も「競馬の神様が降りてきた」というくらいの大激走でした。

松永幹夫騎手はこの後の12Rもフィールドルージュで制して1400勝に到達。ご本人も阪急杯の前に人気馬で負けてしまったため、1400勝は諦めていたというくらいですから、競馬は何が起きるかわかりません。そして競馬の神様に愛された騎手だったのだなと改めて思います。

 

2.無事これ名馬

大きなケガもなく2歳から10歳まで68戦を走り続け、引退後は誘導馬として活躍しました。重賞こそ阪急杯の1勝にとどまりましたが、短距離重賞やOPの常連として多くのレースに参戦していました。

重賞を47戦目に勝ちましたが、大きなケガもなく長く続けていれば良いことがあるという見本のように感じており、自分自身も頑張らなければという気にさせてくれます。

 

3.武家との深いかかわり

武宏平厩舎に所属し、生産牧場は師の弟が前の経営者であった武牧場でした。また、レースでは武幸四郎騎手を鞍上に迎えてデビューし、武豊騎手、武英智騎手も騎乗するなど武家と非常にかかわりの深い馬です。全レース武家というわけではありませんが、ここまでかかわりの深い馬も珍しいように思います。

 

 


競馬ランキング

ブラジルでリーディングサイアー~アグネスゴールド

 

プロフィール

アグネスゴールド

1998年4月10日 牡馬

父  サンデーサイレンス

母  エリザベスローズ

母父 ノーザンテースト

厩舎 長浜博之(栗)

7戦4勝

主な勝鞍 スプリングS(G2)、きさらぎ賞(G3)

 

競走生活

JRA

2歳:1戦1勝 新馬

3歳:6戦3勝 スプリングS(G2)、きさらぎ賞(G3)、若駒S(OP)

※年齢は当時は旧年齢ですが、現在の表記に合わせています。 

 

2歳暮れの新馬戦でデビューすると4角8番手から33秒9の末脚で初勝利を飾ります。

2戦目には格上挑戦で若駒S(OP)に参戦すると鞍上の河内洋騎手はイマイチの内容と言いながらも先行したダイイチダンヒルをきっちりと捕らえて連勝となります。

続くきさらぎ賞(G3)では、この後に皐月賞、ダービーでも2着となり、古馬になってから宝塚記念を勝つダンツフレームが先行して抜け出したものの、1頭だけ違う脚色で追い込んで初重賞制覇を飾ります。

さらにスプリングS(G2)はいつもよりも前目で競馬をしますが、秋にセントライト記念を勝つシンコウカリドを捉えて、重賞連勝、4戦無敗で皐月賞に向かうことになります。同一厩舎、同一馬主であるアグネスタキオンもここまで3戦無敗と話題を集めたものの右前脚の骨折が判明し、秋まで休養することになります。

神戸新聞杯(G2)で復帰しますが、後方のままエアエミネムの8着に敗れ、初黒星を喫します。続けて菊花賞(G1)に挑戦しますが、距離が長くマンハッタンカフェの8着に敗れます。

中距離路線に戻り、古馬と初対決となった鳴尾記念(G2)は先行してクビ、アタマ差の3着と結果を出し、復調を見せたものの再びケガで長期休養することになります。5歳の夏の札幌記念で復帰という話もありましたが、屈腱炎を発症し、引退となりました。

 

血統構成

サンデーサイレンスは現役時代はケンタッキーダービープリークネスSの2冠を制し、BCクラシックも制しています。引退後は日本で種牡馬入りし、日本の血統図を塗り替えてしまうほどの大種牡馬となります。3冠馬ディープインパクトをはじめ、多数のG1馬、重賞勝ち馬を輩出し、勝利数は現時点で歴代1位となっています。

エリザベスローズは現役時代は引退レースとなったセントウルS(当時はG3)を勝つなど5勝を挙げています。繁殖入り後は、本馬の他に弥生賞を勝ったフサイチゼノン、ダート重賞8勝のリミットレスビッドなど活躍馬を輩出しました。

母の父ノーザンテーストは日本の競馬史を変えた名種牡馬です。競走馬としてはフォレ賞などを制覇しています。種牡馬入り後は通算10回のリーディングサイアー、17年連続リーディングブルードメアサイアーに輝いています。主な産駒としてはダービー馬ダイナガリバー天皇賞アンバーシャダイシンボリルドルフを破ったギャロップダイナなど枚挙にいとまがありません。

 

私の注目ポイント

なぜ私がアグネスゴールドを取り上げたかをご紹介します。

1.皐月賞アグネスタキオンと甲乙つけがたい素質

無敗で皐月賞を制覇したアグネスタキオンとは厩舎、馬主、生産者、父、主戦騎手が同じでした。デビューもほぼ同じでアグネスタキオン新馬戦を勝った翌日に同馬も新馬戦を勝っています。

アグネスタキオンが次走でラジオたんぱ杯3歳S(G3)を制覇すると、同馬も若駒Sきさらぎ賞(G3)と連勝、さらにアグネスタキオン弥生賞(G2)を快勝したことで皐月賞(G1)では2頭の無敗対決となる予定でした。

主戦騎手だった河内洋騎手も甲乙つけがたい素質と評価したように、河内洋騎手がどちらの馬を選択するのかは注目されていましたが、残念ながら骨折により同馬が春のクラシックに参戦できず、過去に例を見ないであろう厩舎、馬主、生産者、父、主戦騎手が同じ無敗対決は夢と消えてしまいました。

 

2.強かったアグネス軍団

同馬の活躍した2000、2001年は馬主である渡辺孝男氏の馬が非常に走った時期でした。日本ダービーアグネスフライト皐月賞アグネスタキオン兄弟、海外G1を2勝したアグネスワールド、G1を6勝したアグネスデジタルとG1馬も複数登場し、他にも2歳OPを勝ったアグネスソニックや長距離で活躍したアグネスパートナーなど芝ダート、短距離・長距離問わず様々な条件で活躍馬がいました。

それぞれの馬が強い印象を与える勝利を挙げていたこともあり、レース内容とともに黄・赤袖・水色二本輪であるアグネスの勝負服が躍動していたことを思い出します。

また、常に活躍馬がいる金子真人氏を除けば、ここまで活躍馬が固まって登場したオーナーブリーダーではない個人馬主はあまり記憶がなく、馬運の強さに対して非常に驚きをもって見ていた記憶もあります。

 

3.ブラジルでリーディングサイアー

種牡馬入り後当初は日本にいましたが、4年目からは兄のフサイチゼノンもいるアメリカで、5年目からはブラジルで種牡馬生活を送っています。

日本でも兵庫ダービーを勝ったバンバンバンクなどを輩出していましたが、 ブラジルでは初年度産駒から重賞勝ち馬を出すなど活躍を続け、アメリカのG1シャドウェルターフマイルSを勝ったIvarをはじめ、ブラジル2冠牝馬マイスキーボニータ、ブラジルダービー馬アブダビなどG1を10勝以上勝利しています。直近でも19/20シーズンのリーディングサイアー、2歳リーディングサイアーに輝くなどブラジルで有力な種牡馬の一頭として活躍を続けています。

同馬の血脈が広がり、いつか日本でも同馬の血を継いだ馬が走る日が来てほしいと思っています。

 

 

 


競馬ランキング

菊花賞1番人気になった南半球産馬~ロックドゥカンブ

 

プロフィール

ロックドゥカンブ

2004年9月29日 牡馬

父  Red Ransom

母  Fairy Lights

母父 Fairy King

厩舎 堀宣行(美)

8戦4勝

主な勝鞍 セントライト記念(G2)、ラジオNIKKEI賞(G3)

 

競走生活

JRA

3歳:6戦4勝 新馬マカオJCT(500万下)、

4歳:5戦0勝

 

3歳3月にデビューすると1.9倍の人気に応え、2番手から抜け出して、後のエリザベス女王杯クィーンスプマンテを交わし、初勝利を飾ります。

2戦目のマカオJCTも重馬場ながら危なげなく勝利するとラジオNIKKEI賞(G3)に挑みます。1番人気こそクランエンブレムに譲りましたが、4角先頭から押し切り初重賞制覇を飾ります。2着は後にジャパンカップを勝つスクリーンヒーロー、11着は安田記念を勝つショウワモダンでした。この勝利により秋にオーストラリアで行われるヴィクトリアダービーに予備登録しますが、夏に流行した馬インフルエンザの影響もあり、断念することになりました。

つづくセントライト記念(G2)も先行して抜け出す強い競馬で勝利し、菊花賞(G1)を迎えます。ここまで無敗ということもあり、1番人気に推されましたが、後方からの競馬でアサクサキングスの3着に敗れてしまいました。

短期放牧後、有馬記念(G1)に出走しますが、マツリダゴッホの4着になり、再び休養に入ります。

半年休んだ初戦の目黒記念(G2)は先行して3着と好走し、宝塚記念(G1)に向かいます。2番人気に推され、先行して2番手からレースを進めますが、12着に終わります。レース後には岩田騎手がすぐに下馬し、検査したところ左後繋靭帯断裂が判明し、引退となりました。

 

 

血統構成

Red Ransomは、アメリカで3戦2勝と競走馬としては目立つ成績ではありませんでした。種牡馬入り後はドバイワールドカップElectrocutionistクイーンアンSIntikhabなど活躍馬を輩出し、オーストラリアでのシャトル種牡馬としても活躍しました。

母Fairy Lightsは、イギリスで走り未勝利でしたが、ニュージーランドで繁殖入りし、ニュージーランドのG2を2勝したKeyoraなどを輩出しています。母系を辿るとジャパンカップのビルサドスキー、エリザベス女王杯ファインモーション兄妹、阪神ジュベナイルフィリーズタムロチェリーなどもいる日本ともゆかりのある血統です。

母の父Fairy Kingは、大種牡馬Sadler's Wellsの全弟であり、競走馬としては未勝利でしたが、凱旋門賞HelissioジャパンカップFalbravなど活躍馬を輩出しました。

 

私の注目ポイント

なぜ私がロックドゥカンブを取り上げたかをご紹介します。

1.南半球産馬ながら菊花賞で1番人気

 

本馬はニュージーランドで産まれたため、日本で産まれた馬よりも半年程度遅れて産まれています。遅生まれのハンデがあるということから、JRAの規定でも2から4歳の途中までは斤量を1キロから4キロ軽くする措置があります。

遅生まれのハンデは大きいようで、日本であまり南半球産の馬が走っていないというのもありますが、南半球産馬が活躍するのは古馬になってからが多い印象です。高松宮記念連覇のキンシャサノキセキダービー卿CTのフィアーノロマーノも最初から高い素質を見せてはいたものの本格化は古馬になってからです。

しかし本馬は、デビューこそ遅かったものの新馬戦からセントライト記念まで4連勝するなど遅生まれのハンデをものともしない活躍を見せてくれました。下した相手も古馬になってからの活躍馬とはいえ、JCのスクリーンヒーロー安田記念ショウワモダンエリザベス女王杯クィーンスプマンテなど大物が含まれています。

ダービー2着アサクサキングスや朝日杯フューチュリティを制し、前哨戦の神戸新聞杯を勝ったドリームジャーニーなどもいましたが、無敗かつ高いレースセンスを踏まえ、菊花賞では1番人気に推されることになりました。個人的には、高い素質を買ってはいたものの、距離が長いだろうと思っていたため、1番人気には驚いた記憶があります。レースでは距離を意識してか後方からとなり、内から伸びて3着と敗れてしまいましたが、南半球産馬ということを考えると翌年が非常に楽しみになったなと思ったものです。

そのため、古馬になってからすぐにケガをしてしまったのが、残念でした。

 

2.堀厩舎初期の大物

 

堀厩舎と言えば、2冠馬ドゥラメンテ、G1を6勝したモーリスなど活躍馬を続々と輩出している厩舎ですが、まだこの頃は開業して5年目と中堅厩舎の1つだったように思います。

個人的には、本格化前のキンシャサノキセキ函館スプリントSビーナスラインなどで名前は知っていたものの一般的な厩舎の一つという印象でしたが、本馬が出てきたことで腕利きの調教師なのではと注目するようになりました。

本馬もRed Ransom産駒ですが、主流であるサンデーサイレンスディープインパクト産駒以外から活躍馬を出しているところに他の厩舎とは違う魅力を感じています。

 

3.吉田和美オーナーの馬

 

吉田和美オーナーは吉田勝己ノーザンファーム代表の奥様ですが、所有馬は外国産馬、セールでの購入馬、諸事情でクラブ募集やセリに上場できなかった馬が中心です。

しかし、さすがノーザンファームが選んだ馬、生産した馬であるだけにあまり日本ではメジャーではない血統の馬でも活躍しています。本馬は最初の頃の所有馬の1頭であり、南半球で大活躍しているRed Ransom産駒までウォッチしているのかと驚くとともに、義理の母にあたる吉田和子オーナー同様に数は少なくても侮れない馬を所有しているなと思った記憶があります。

その後は、吉田和美オーナーの所有馬であれば、知らない血統であっても注目して見るようになりました。

 

 

 

 


競馬ランキング

息の長い活躍をした名スプリンター~パドトロワ

 

プロフィール

パドトロワ

2007年4月20日 牡馬

父  スウェプトオーヴァーボード

母  グランパドドゥ

母父 フジキセキ

厩舎 鮫島一歩(栗)

35戦9勝

主な勝鞍 アイビスサマーダッシュ(G3)、キーンランドC(G3)、函館スプリントS(G3)

 

競走生活

JRA

2歳:2戦1勝 未勝利

3歳:7戦2勝 さくらんぼ特別(1000万下)、500万下

4歳:8戦3勝 オーストラリアT(OP)、UHB杯(OP)、心斎橋S(1600万下)、スプリンターズS(G1)2着

5歳:7戦2勝 アイビスサマーダッシュ(G3)、キーンランドC(G3)

6歳:5戦1勝 函館スプリントS(G3)

7歳:6戦0勝

 

2歳秋の新馬戦を3着でデビューし、2戦目の未勝利戦を逃げ切って初勝利を挙げます。

3歳になり500万下を2戦目に勝ち上がると、橘S(OP)で3着と好走し、NHKマイルC(G1)に挑みますが16着に大敗してしまいます。芝1600mだった新馬戦も3着ながら1秒3差であったように1600mは長いと判断され、8歳時にダ1200mの東京スプリント(G3)や芝1800mのエプソムC(G3)に挑むまでは一貫して芝1400m以下のレースを使うことになります。

次走のさくらんぼ特別(1000万下)を1番人気に応え、早め先頭から勝利し、準オープンに昇級し、休養にはいります。秋の準オープンでは好勝負に持ち込むも道頓堀S(1600万下)6着、桂川S(1600万下)3着と勝ちきれず、再び休養にはいります。

4歳になり、2戦目の心斎橋S(1600万下)を勝ち上がると、続くオーストラリアT(OP)で接戦をものにし、オープン初勝利を挙げます。2か月休養した函館スプリントS(G3)は6着となりますが、UHB杯は1番人気に応え、逃げ切って勝利し、本格化を窺わせます。キーンランドC(G3)をタイム差なしの3着と好走するとスプリンターズS(G1)に参戦します。9番人気と人気はありませんでしたが、4角先頭から逃げ込みを図り、あわやの場面を演出し、カレンチャンの2着と激走します。さらに香港スプリント(G1)にも参戦し、この年を終えます。

5歳を迎え、春雷S(OP)7着、福島民友C(OP)6着、函館スプリントS(G3)4着とタイム差は0秒4から6差とあまりないものの馬券に絡むことができませんでした。つづくアイビスサマーダッシュ(G3)は7番人気に人気は下がってしまいますが、外枠から押し切り重賞初制覇を飾ります。さらにキーンランドC(G3)も逃げて接戦をものにし、重賞連勝となりました。迎えたスプリンターズS(G1)は4番人気に推されますが、ロードカナロアのレコード勝ちの前に8着となります。暮れに京阪杯(G3)に参戦しますが、15着となり、鞍上の安藤勝己騎手はこのレースで馬を動かせなかったとして、騎手引退を決意することになりました。

6歳になり、半年ぶりの京王杯スプリングS(G2)は14着に敗れますが、2戦目の函館スプリントS(G3)はこれまで同様に2戦目の変わり身を見せ、2番手から逃げ馬を捉えて重賞3勝目を飾ります。しかし、このレース以降は、ダ1200mの東京スプリント(G3)や芝1800mのエプソムC(G3)にも参戦するなど陣営も試行錯誤しましたが、2桁着順が続き、7歳の夏で引退となりました。

血統構成

スウェプトオーヴァーボードアメリカで走り、メトロポリタンHなどG1を2勝しています。種牡馬入り後は、その父エンドスウィープの後継として輸入され、スプリンターズS2勝のレッドファルクス東京大賞典2勝、帝王賞のオメガパフュームなどを輩出しています。

母グランパドドゥは中日新聞杯忘れな草賞を制した中距離馬でした。繁殖入り後は本馬の他には2勝したキングドラゴンを輩出しています。

母の父フジキセキは大種牡馬サンデーサイレンスの初年度産駒として朝日杯3歳Sを制し、弥生賞も制して3冠の期待が高かったものの屈腱炎で引退となりました。種牡馬入り後はダートG1を7勝したカネヒキリ、G1を3勝したストレイトガール皐月賞イスラボニータなど多くの活躍馬を輩出しました。

 

私の注目ポイント

なぜ私がパドトロワを取り上げたかをご紹介します。

1.人気薄でのスプリンターズS2着や重賞3勝

5歳のスプリンターズSで9番人気ながら2着とあわやの場面を見せましたが、非常に驚いた記憶があります。2走前のUHB杯は逃げて強い内容でしたが、まだ重賞は敷居が高いのではないかと思っていただけに、思っている以上に強い馬なのかもしれないと思うようになりました。

しかしながらその後凡走が続いていたため、フロックだったのかもと思っていたアイビスサマーダッシュで7番人気ながら重賞初制覇。さらに直線1000mは特殊であり、たまたまかと思っていた次走のキーンランドCも3番人気で重賞を連勝しました。

さらに7歳になり衰えたかと思えた函館スプリントSを6番人気で制しています。

個人的には予想との相性が悪かったですが、激走されてもパドトロワなら仕方ないかと思った記憶があります。

 

2.パワフルなレースぶりの母系

母母母のベリアーニはRisen Starの子を宿して輸入され、母母であるスターバレリーナを産んでいます。スターバレリーナローズSを制し、エリザベス女王杯では3冠がかかったベガを差し置いて1番人気に推されました。Risen Starアメリカ2冠馬でSecretariat×His Majestyと中距離色が強く、スターバレリーナも中距離での活躍が目立っていました。

母のグランパドドゥも短距離よりの産駒が多いフジキセキ産駒ながら、中日新聞杯忘れな草賞を制するなど中距離で活躍しました。

ベリアーニの一族からは先行して粘ってオークス3着となったオリーブクラウンやスプリンターながら斬れるというよりもズンズンと差してくるアグネスラズベリ東海Sを勝ったアンドゥオールを輩出しています。

本馬も力強く先行して粘るというところは、この一族という感じがいたしましたが、アイビスサマーダッシュを勝ち、キーンランドCでレコード勝ちするなど、母系の特徴は残しつつも種牡馬のよいところも引き出すという血統かと考えています。

3歳下の従弟にあたるロゴタイプローエングリンのスピードを受けつぎ、先行して粘るというレースぶりでG1を3勝しています。

 

3.エンドスウィープスウェプトオーヴァーボードの後継種牡馬

エンドスウィープフォーティナイナーの後継としてサウスヴィグラスラインクラフトといった短距離馬だけではなく、スイープトウショウアドマイヤムーンなどの中距離馬も出した名種牡馬でしたが、11歳と早世してしまいました。

その後継としてアメリカで走っていたスウェプトオーヴァーボードが輸入されました。父エンドスウィープ同様にスプリンターズS2勝のレッドファルクスや本馬のような短距離馬だけではなく、東京大賞典2勝、帝王賞のオメガパフュームやステイヤーズSのリッジマンといった中・長距離馬を輩出しています。

本馬も2頭の後継として年間48から68頭の種付けを実施するなど人気を得ています。 現在地方競馬と合わせて5連勝したダンシングプリンスなどの活躍が期待されます。

 

 

 

 


競馬ランキング

今も残る衝撃の新潟芝2000mの基準タイム~ツジノワンダー

 

プロフィール

ツジノワンダー

1996年6月19日 牡馬

父  メジロマックイーン

母  ツジノチドリ

母父 マルゼンスキー

厩舎 清水美波(美)→ 室井康雄(栃)

42戦6勝

主な勝鞍 NiLS21S(1600万下)、アイルランドT(1600万下)

 

競走生活

JRA

3歳:4戦1勝 新馬

4歳:10戦3勝 松島特別(900万下)、稲村ヶ崎特別(900万下)、500万下

5歳:8戦1勝 NiLS21S(1600万下)

6歳:8戦1勝 アイルランドT(1600万下)

7歳:5戦0勝

・栃木(宇都宮)

8歳:7戦0勝

※年齢は当時は旧年齢ですが、現在の表記に合わせています。

 

3歳2月のダート1400の新馬戦でデビューすると1番人気に応え、4馬身差で圧勝のデビューを飾ります。その後、7戦ダート戦のみを使われ、地方の交流レースにも出走しますが、すべて4着以下に敗れてしまいます。

9戦目に初めて芝のレースを使われると中団から伸びて快勝します。返す刀で稲村ケ崎特別(900万下)も3馬身半差で連勝となります。続くジューンS(1600万下)も3着と好走します。直後に降級となりますが、2戦目で松島特別(900万下)を勝利し、再び準オープンに昇級します。続けて新潟記念(G3)に挑戦すると準オープンの身ながら2番人気に推され、0秒6差の5着と好走します。

この後、6か月半休養となり、2戦した後、再び3か月休養にはいります。

そして迎えたNiLS21S(1600万下)。この日から新潟競馬場がリニューアルオープンし、右回りから左回りに変更となり、直線1000mの芝コースも新設されました。天候も良く、下級条件でもかなり早いタイムが出ていました。ロードブレーブが前半1000mを57秒6で逃げ、これを2番手集団でマークし、直線並びかけます。ロードブレーブも差し返すように粘り、新装新潟の長い直線を叩き合い、最後は凌いで先着し、表示されたタイムが1分56秒4という日本レコードでした。

続く天の川S(1600万下)も3着と好走し、新潟記念カブトヤマ記念新潟競馬場の重賞でも期待されますが、2桁着順に敗れてしまいました。その後、暮れの市川S(1600万下)で2着に入りますが、他の4戦は5着以下となってしまいました。

しかし、NiLS21Sからちょうど一年後の夏の新潟では、人気薄ながらマグナーテンがレコードで快勝する中、3着と好走し、新潟競馬場との相性の良さを見せます。関屋記念(G3)は11着でしたが、朱鷺S(1600万下)は5着に入り、秋の中山でおこなわれたアイルランドT(1600万下)で久しぶりの勝利を挙げました。

オープンに昇級したものの6戦続けて2桁着順となり、北関東に移籍しましたが、勝利を挙げることができずに引退しています。

 

血統構成

メジロマックイーン天皇賞・春2回、菊花賞を制した名ステイヤーです。特に天皇賞・春は父子3代での天皇賞制覇となっています。種牡馬入り後はホクトスルタンディアジーナなどの重賞勝ち馬を輩出しています。また、母の父としても3冠馬オルフェーヴル、6冠馬ゴールドシップ、グランプリ2勝のドリームジャーニーなどを輩出しています。

母ツジノチドリはJRAで3勝を挙げています。繁殖入り後は2歳時に重賞でも好走したサワノフラッシュ、セントライト記念で1番人気に推されたテイオージャなどを輩出しています。

母の父マルゼンスキーニジンスキーの持ち込み馬として、朝日杯3歳Sを大差で制しています。しかも8戦8勝と無敗のまま競走馬を過ごしました。種牡馬入り後はダービーのサクラチヨノオー菊花賞ホリスキーレオダーバンなどを輩出し、母の父としてもライスシャワーウイニングチケットスペシャルウィークなどのG1馬を輩出しています。

 

私の注目ポイント

なぜ私がツジノワンダーを取り上げたかをご紹介します。

1.衝撃の芝2000mの基準タイム

1分56秒4。このタイムを見たときには正直目を疑いました。57秒台すらかなり破格のタイムであった当時において、新装の開幕週とはいえ、準オープンのレースでここまでのタイムが出るとは想像できませんでした。

スタートから大逃げをすることで有名だったロードブレーブが前半1000mを57秒6で逃げ、それをぴったりとマークする形の2番手で本馬はレースを進め、直線競り勝って達成したものでした。

最下位8着の馬ですら1分58秒0でしたので、とんでもないスピード馬場ができたものだと思ったものです。

その後、2011年の天皇賞・秋トーセンジョーダンが破るまで日本レコードとして君臨していました。新潟競馬場では2020年現在いまだに基準タイムとして残っており、改修がない限りは破られることはないのではないでしょうか。

 

2.父、母父から受け継いだ持続するスピード

メジロマックイーンステイヤーでしたが、 レコードを3回記録し、特に引退レースとなった京都大賞典は2分22秒7という破格のタイムでの勝利でした。古馬以降に騎乗した武豊騎手がマイルG1でも勝負になったはずと発言しているようにスタミナだけではなく、スピードも兼ね備えた馬でした。

母父マルゼンスキースーパーカーと称された馬で朝日杯3歳Sで1分34秒4という2歳レコードで制しています。脚元の不安もあり、全力で追えないこともありましたが、ほぼすべてのレースで主導権を握り、8戦でつけた着差は合計61馬身とスピードの違いを見せつけています。

両馬から受け継いだ持続するスピードが開幕週の馬場ともマッチして、1分56秒台という驚愕のレコードが出たのではないかと個人的には思っています。

他にも新潟芝1400mのNSTOPで今も残るレコード決着の中で3着、中山のアイルランドTで好タイムで勝利とキレよりも長く良い脚を求められるレースで好走しています。

 

3.日本の競馬を支えてきた母系の種牡馬

母系を辿っていくとマルゼンスキーセントクレスピン、ヒンドスタン、ハクリユウ、ペリオンと各世代の有力種牡馬が重ねられています。

ペリオンはリーディングサイアーにも輝き、産駒が帝室御賞典(後の天皇賞)を6勝挙げています。

ハクリュウは競走馬として帝室御賞典、 各内国産古馬連合(後の天皇賞)を勝利しています。種牡馬としても帝室御賞典、京都農林省賞典四歳呼馬を買ったマルタケなどを輩出しています。

ヒンドスタンはリーディングサイアーに7度輝き、3冠馬シンザンやダービーのハクシヨウ、天皇賞のヤマニンモアー、リユウフオーレル、ヒカルポーラ、ヤマトキヨウダイなど大成功を収めています。

セントクレスピンは競走馬として凱旋門賞を制し、種牡馬としても英2冠牝馬Altesse Royaleや天皇賞エリモジョージタイテエムなどを輩出しています。

このように各世代の有力種牡馬を種付けし、6代も日本で代を重ねているというのはかなり少ないように思います。それだけこの血統に愛着を持ち、常に強く速い馬を産み出そうとする生産者の思いが見える気がいたします。

 

 

 

 


競馬ランキング

Gone West の半弟~ロードアルティマ

 

プロフィール

ロードアルティマ

2000年1月23日 牡馬

父  Seeking the Gold

母  Secrettame

母父 Secretariat

厩舎 山内研二(栗)

12戦6勝

主な勝鞍 札幌日刊スポーツ杯(1600万下)

 

競走生活

JRA

2歳:1戦1勝 新馬

3歳:1戦0勝

5歳:3戦2勝 戎橋特別(500万下)、500万下

6歳:6戦3勝 札幌日刊スポーツ杯(1600万下)、秋川特別(1000万下)、祇園特別(1000万下)

7歳:1戦0勝

 

山内厩舎らしく2歳の7月にデビューすると1.1倍の圧倒的1番人気に応え、0秒5差でデビュー戦を飾ります。

その後、故障を発症してしまい、次走は3歳の9月となりますが、後方のままで7着に敗れます。

再び休養に入り、復活したのは5歳の5月となりました。初芝となった500万下を勝利すると、つづく戎橋特別(500万下)も快勝します。昇級戦となった文月特別(1000万下)でタイム差なしの3着と好走しますが、再び休養に入ります。

6歳の4月に戻ると初戦こそ敗れたものの、つづく1000万下の特別(祇園特別、秋川特別)と連勝します。昇級後も3着を挟み、札幌日刊スポーツ杯(1600万下)を快勝し、オープンに上がりました。

初重賞挑戦となったセントウルS(G2)では3番人気に推されるも久々の1200m戦ということもあってか後方ままとなり、敗れます。

再び故障を発症し、休養に入ります。7歳11月に復帰するも大敗してしまい、引退となりました。

 

 

血統構成

Seeking the Goldアメリカで走り、スーパーダービー、ドワイヤーSとG1を2勝し、BCクラシックでも2着となっています。種牡馬入り後はドバイワールドCDubai Millennium、G1を8勝したHeavenly Prizeなどを輩出し、日本でも日本調教馬での海外G1初制覇を果たしたシーキングザパールスプリンターズSタイキシャトルに勝ったマイネルラヴなどを輩出しています。

母Secrettameはマンノウォー系の名種牡馬Known Factの妹として産まれ、アメリカで10戦6勝し、G2のガゼルHでも2着となっています。繁殖入り後はドワイヤーSを勝ち、種牡馬としてもZafonicやCame Homeなどを輩出したGone Westをはじめ、CrimpleneやG1を8勝したApache Catの父Lion Cavernなど本馬を含め10頭もの種牡馬を輩出しています。また、孫の代からもサクラオリオンなどが出ています。

母の父Secretariatアメリ3冠馬で3冠すべて今も残るレコード勝ちを収めた名馬です。種牡馬入り後はBCディスタフのLady's Secret、2冠馬Risen Starを輩出しています。母の父としてもStorm CatA.P. IndyGone WestSummer Squallなどの活躍馬、名種牡馬を輩出しています。

 

私の注目ポイント

なぜ私がロードアルティマを取り上げたかをご紹介します。

1.ケガがちながらも5歳、6歳での充実ぶり

2歳の新馬を圧勝した際は、これは強い馬が現れたと感じたものの、そのまま休養に入り、残念と思ったものでした。3歳の夏に復帰し、7着に敗れ、再度休養に入ったときは、正直もう引退かなと思ったものです。

それが5歳4月に復活して、連勝、さらに休みを挟んで3勝を挙げ、セントウルSに駒を進めました。2歳のダート1000mを圧勝した馬が、途中1走はしているものの3年近く間を開けて復活するというのは、あまり記憶がありません。

ケガがなければどれくらいの結果を見せてくれたのだろうかと考えてしまいます。

 

2.世界的な良血

Seeking the GoldDubai Millenniumなどマイル戦を中心に活躍した名種牡馬であり、 母の父Secretariatアメリ3冠馬BMSとしてStorm CatA.P. Indyなどを輩出しているという良血です。

また、本馬の兄弟には名種牡馬Gone West、Lion Cavernを始めに種牡馬が10頭、おじにマンノウォー系の名種牡馬Known Fact、G1馬Tentam、近親にG1馬Tappiano、初代NHKマイルC覇者タイキフォーチュンと名馬が数多く並んでいます。

クラブ馬では高値の1億円以上での募集になり、さらに引退後に種牡馬入りできたのもこの良血が大きな期待を抱かせたからではないでしょうか。現役時代にも海外から種牡馬のオファーがあったということでもあり、それだけの良血と言えるかと思います。

 

3.種牡馬での活躍

種牡馬入り後はあまり実績がないことから初年度から5頭、3頭、1頭、3頭と少ない産駒しかいませんでしたが、 5頭の初年度産駒から3頭が中央でデビューし、うち2頭が2歳戦で勝ち上がり、重賞にも駒を進めました。

すると5年目は過去最高の63頭に種付けし、53頭の産駒が産まれています。うち51頭がデビューし、36頭が勝ち上がるハイアベレージを記録しています。その中には2020年時点でも活躍しているタイムトリップやヒロイックアゲンといった代表産駒も含まれています。

これも良血のなせる業という感じでしょうか。20歳になり、種付け頭数は減っては来ていますが、中央の重賞を勝てる馬の出現に期待したいものです。

 

 


競馬ランキング

ニホンピロウイナー産駒の快速馬~ダンディコマンド

 

プロフィール

ダンディコマンド

1993年4月12日 牡馬

父  ニホンピロウイナー

母  ダイナスワップ

母父 ノーザンテースト

厩舎 福島信晴(栗)→井上孝彦(笠)→佐々木一夫(北)

13戦5勝

主な勝鞍 北九州記念(G3)、クロッカスS(OP)

 

競走生活

JRA

3歳:6戦3勝 新馬、萌黄賞(500万下)、クロッカスS(OP)

4歳:3戦2勝 北九州記念(G3)、雲仙特別(900万下)

5歳:2戦0勝

6歳:1戦0勝

・北海道

8歳:1戦0勝

※年齢は当時は旧年齢ですが、現在の表記に合わせています。

 

 

年明けの小倉の新馬戦でデビューすると芝1200m戦とはいえ、スタートから33秒6で逃げつつ、上がりも最速と圧巻のデビューを飾ります。

2戦目の萌黄賞もデビュー戦よりも強い内容で、着差もさらに広げ1秒5差の圧勝を遂げます。さらにクロッカスSは芝1600mの距離延長をものともせず、4角先頭から快勝します。

スプリングSは2番人気に推されますが、後方から良く伸びて4着となります。皐月賞は距離不安から6番人気となりますが、先行して5着に粘ります。NHKマイルCでの好走も期待されましたが、骨折してしまい、冬まで休むことになります。

復帰戦のクリスマスSはタイム差なしの2着となりましたが、再び骨折してしまい、休養に入ります。

4歳夏に復帰すると900万下の雲仙特別は格の違いを見せて快勝します。返す刀で連闘で芝1800mの北九州記念に向かいます。1番人気に推されるとレコードタイムで逃げ切り初重賞制覇を飾ります。ちなみに2着は従弟にあたるパルスビートでした。

つづく京王杯AHも圧倒的1番人気に推されますが、9着に敗れると再び骨折で休養に入ります。

その後はレースを使っては休養となってしまい、門別のレースを最後に引退、種牡馬入りとなりました。

 

 

血統構成

ニホンピロウイナーは名短距離馬であり、中長距離が主流の時代に短距離、マイル戦が注目されるようになるきっかけを作った馬です。マイルチャンピオンシップ連覇、安田記念を制し、3年連続で最優秀スプリンターに選出されています。種牡馬入り後は安田記念連覇、天皇賞秋のヤマニンゼファー高松宮杯スプリンターズSのフラワーパークなどを輩出しています。

母ダイナスワップスは中央競馬で3勝し、繁殖入りすると本馬の他に3勝したサクラビックオーなどを輩出しています。子孫からは重賞3勝のマイネルラクリマチューリップ賞を勝ったクロフネサプライズなども出ています。

母の父ノーザンテーストは日本の競馬史を変えた名種牡馬です。競走馬としてはフォレ賞などを制覇しています。種牡馬入り後は通算10回のリーディングサイアー、17年連続リーディングブルードメアサイアーに輝いています。主な産駒としてはダービー馬ダイナガリバー天皇賞アンバーシャダイシンボリルドルフを破ったギャロップダイナなど枚挙にいとまがありません。

 

私の注目ポイント

なぜ私がダンディコマンドを取り上げたかをご紹介します。

1.デビューから3連勝した時の快速ぶり

本馬はPOGで友人が選んでいた馬でデビュー時から注目はしていました。冬の小倉の新馬戦を1分8秒台という好タイムで圧勝したことで、これは速い馬が現れたなと感じていました。マイルのクロッカスSを勝った時には意外と距離の融通も利くのだなくらいに感じていたのですが、友人は中距離も問題はないと言っていました。

半信半疑でスプリングS皐月賞を見ていたのですが、私の予想以上に好走し、この年から始まったNHKマイルCは持っていかれるなと感じたものでした。残念ながら骨折してしまい、参戦はかなわなかったのですが、1分32秒6という当時としては速いレースでどういう走りを見せてくれたのかは見てみたかった気がいたします。

 

2.4歳夏の復活と複数回の骨折

残念ながら複数回の骨折もあり、順調に使えなかった本馬でしたが、4歳夏に復活します。休養中に900万下まで降級していましたが、芝1200の雲仙特別を快勝すると、連闘でG3の北九州記念に挑みます。ケガ勝ちで連闘、芝1800への延長など不安要素が多い一戦でやや不安な感じで見ていましたが、逃げてレコード勝ちと非常に強い競馬を見せてくれました。

この時に友人の中距離も問題ないという発言に得心が行ったものです。

これは秋が楽しみと思いましたが、京王杯AHでの不可解な敗戦後に再び骨折になってしまい、非常に残念に思ったものです。その後も骨折などの不安が続き、順調に使えなかったのは残念でした。

 

3.ニホンピロウイナーのサイアーライン

現役時代のスピードが評価され、種牡馬入りすると少ない産駒からひまわり賞を勝ち、桜花賞にも駒を進めたミッキーコマンドなどを輩出しました。

ニホンピロウイナーという日本を代表する稀代の快速馬のサイアーラインをつないでほしいと願っておりましたが、残念ながら2011年に亡くなってしまい、かないませんでした。2010年には九州に移籍し、種付け頭数も増え、活躍が期待された矢先のことでした。

ニホンピロウイナーの系統は、現時点ではエムオーウイナー産駒がわずかに残る程度になってしまっています。

 

 

 


競馬ランキング